HOME>トピックス>施設や市民の安全を守る必要不可欠な仕事です

女性も活躍可能

警備員ガードマン

かつての警備員のイメージと言えば、アルバイトやパートの非正規待遇が大半を占めていました。しかし、現在は正社員待遇が増えています。求職者にとってはチャンス到来で、幅広い世代が採用されている現状があります。

体力と知力

警備員

警備員の仕事内容は、多岐に及ぶと言われています。駐車場や工事現場の誘導が有名ですが、病院や官公庁での施設案内業務も増えています。正社員になることで、福利厚生の恩恵を十分に受けることが出来ます。女性の正社員も増えています。

あらゆる場面で活躍可能

警備員ガードマン

金融機関においては、強盗や詐欺等の犯罪が発生する恐れがあります。各金融機関が犯罪防止に力を注いでいて、警備員が常駐しているケースが増えています。場合によっては24時間体制の警備となりますし、正社員の登用も増えるのではないでしょうか。体力が必要とされる仕事ですし、法律や判断力も重要な要素となります。採用後も研修制度が充実しているので、不安に感じることがありません。

必要な資格

警備員

警備員として採用されるには、原付免許以上の免許を持っておくことです。交通誘導や駐車場の警備を行う場合、現地までは自己の責任で赴くことになります。また、現金輸送の警備に就くケースも増えています。自動車免許を持っていると、俄然、正社員採用の確率も高くなります。

広告募集中